デリバリーとは?デリバリーサービスのメリットや失敗しない注文方法

 ピザ以外も注文できる?!デリバリーサービスのメリットや失敗しない注文方法をご紹介

shutterstock_103771259

デリバリーといえば多くの人が宅配ピザを連想されると思います。ですが最近のホームパーティやイベントでは、オードブルや軽食はもちろん、ローストビーフやお寿司、さらにはサプライズのケーキで演出といったお洒落なデリバリーサービスが大変人気です。そんなデリバリーを頼んでみたいと思っても、ネットでデリバリーを検索するとピザやお弁当の宅配サービスが出てきたり、これまでパーティーやイベントでデリバリーサービスを利用したことがなかったりすると、どんな料理が届けられるのか不安ですよね。今回はホームパーティからちょっと大きめのイベントまで対応できるデリバリーについて、デリバリーを頼むメリットや失敗しない注文方法までご紹介します。

デリバリーとは?

デリバリーとは一般的に荷物の配達を示すのですが、今回のテーマであるデリバリーサービスは、お客様から注文を受けた料理などを、指定された時間に届けてくれるビジネスです。こういったサービスはずいぶん昔からありましたが、ここ数年では、一般家庭のホームパーティでの需要も高まってきています。また、料理の配達だけでなくプロが出向いてサービスを提供するケータリングも人気ですよ。

デリバリーサービスを利用するメリットは?

まずは、なぜデリバリーサービスが人気なのか?デリバリーサービスを利用するメリットを挙げてみましょう。

デリバリーサービスを利用するメリット①幹事が一緒にパーティを楽しめる

パーティーやイベントの幹事になると、どのような演出をするか頭を悩ませるのはもちろん、例えばホームパーティーであれば数日前から買い出しへ行き、当日もずっとキッチンに立ちっぱなし、料理や片付けに追われ、結局自分はパーティを楽しめなかった…ということはよくありますよね。デリバリーサービスを利用することで食事の準備をする手間を省くことができ、幹事も一緒に料理を楽しむことができます。さらにケータリングサービスであれば、プロが会場で料理を作ってくれたり、後片付けをしてくれたりもしますよ。

デリバリーサービスを利用するメリット②明朗会計

デリバリーにすることで会計を1本化できるというのもメリットです。一般人の私たちが材料を揃えようとすると、例えばAデパートで○○円、Bスーパーで○○円、C酒店で○○円…など、数店舗の会計を合算しなくてはなりません。幹事を経験したことがある人は、頑張ってみんなのために走り回って食材をそろえたのに、少しでも料金が高いと「自分の買い物も足しているんじゃないの」と疑われたりと不愉快な思いをした経験があるはずです。料理やドリンクを全てデリバリーサービスに1本化することで、会計はその会社の明細1種類だけ、自分も買い出しに走る回る必要はありませんし、無駄な買い物をしたのでは…と疑われる心配もありません。

デリバリーサービスを利用するメリット③納期が明確でイライラしない

ホームパーティで宅配ピザを注文したものの、なかなか届かなくて場が白けた経験はありませんか?!特に繁忙期だと、注文時に「出来上がり次第の配達だから時間がかかるのは当たり前」ということを強調され、結局いつ宅配されるのか予想がつかなくて困った…という経験は誰しもあるのではないでしょうか。デリバリーサービスは指定した日時に注文した料理が会場に届くので、料理がなかなか届かないというイライラがありません。

デリバリーは選び方次第で、宅配ピザよりも安くつくかも?!

ホームパーティなどでは幹事の負担を軽減するために、宅配ピザを注文することがありますよね。ピザだけでなくサイドメニューを注文すると、予想外の高い金額になってしまったり、結局食べきれないことも多いです。また、人数によってどれくらいの量が最適か?シチュエーションに合わせたメニュー等の相談をしても、ピザ屋の店員はアルバイト、プロではないので明確な答えは返ってきません。多くのデリバリーサービスは電話で担当(プロ)に予算を伝え、メニューの相談をしたり、ウェブ上で人数分の目安が記載されている料理や料金を確認したりしながら注文できます。つまりプロに相談し、好みや予算などの要望を聞いてもらうことで、食べ残しを最小限にすることができるのです。

どんな時に利用できる?おすすめのデリバリーサービス利用シーン

デリバリーサービスは、こんなときにおすすめです。
・ホームパーティ
・同窓会
・歓送迎会
・オフィス内での忘年会・新年会
・会議兼慰労会(オフィス内)
・展示会
・懇親会
・結婚式2次会
女子会や子供連れのママ友会などのホームパーティーから、会社での会議や式典の後に移動の手間を省きたいとき、セミナーや懇親会、結婚式の二次会など、どのようなシーンでもデリバリーサービスは活用できます。

デリバリーでどんなものが注文できるの?!

デリバリーサービスというと軽食を想像されると思いますが、最近は軽食だけでなく要望に合わせてバラエティーに富んだ商品を宅配してくれるデリバリーサービスもあります。
・フィンガーフード
・年齢層に対応したパーティセット
・季節のオードブル
・イタリアンや中華などのパーティセット
・寿司
立食や会議をしながらなど、1口サイズでつまめるようなフィンガーフードプランや年齢層に応じたパーティプラン、もちろんイタリアン・中華・和食など料理のジャンルを選ぶこともできます。さらにはケータリングサービスを注文すると、職人がその場で寿司を握ってくれたり、飲み放題プランにしてドリンクのサービスを受けたりすることもできますよ。

ピザの注文とは違う!デリバリーの注文方法や納期について

電話で注文する場合は宅配ピザとそれほど変わりませんが、多くのデリバリー業者はWebサイトから注文することが可能です。ここではWebサイトでの注文についてご紹介します。
・パーティシーンや予算から料理を選ぶ
・人数と料金を確認し必要個数を選んでカートに入れる
・注文内容を確認し購入手続きに進む
・届け先の住所や届ける日時を入力
・内容を確認し確定する
インターネットで買い物をしたことがある人にとっては特別難しい内容ではありません。ただ、人数によって最適な数などを決めかねるときは、業者に電話をして相談しながら注文したほうが良いでしょう。

デリバリーで失敗しないために!おすすめのデリバリーサービス

いくらデリバリーが手軽でおすすめと言っても、デリバリーサービス業者の選び方次第では、料理が足りなかったり、予算オーバーしたりと失敗することがあります。失敗しない業者選びのポイントを押さえましょう。
・料理の画像が大きく見やすくなるか?
・料金が明確に表示されているか?
・気軽に問い合わせができるか?
Webサイトでデリバリー業者を調べると、例えばオードブル料理などは1つ1つの画像が
小さくて、何が盛り付けてあるかわからない場合がありますよね。ですが料理やサービス
に自信がある業者は画像を大きくすることができます。また、料理ごとに料金が明確に表
示されているのもポイントの1つです。さらに人数ごとに注文するべき個数の目安を記載
しているデリバリーサービスは良心的といえるでしょう。いつでも問い合わせができるよ
うWebサイト上のわかりやすいところに電話番号が明記されているというのもポイントで
すよ。例えばクイックデリスタイルでは上記3つの条件が揃っているので参考にしてみ
てください。クリックデリスタイル公式サイト

最後に

幹事の負担を軽減しつつ多くの人に満足してもらえるのがデリバリーサービスです。幹事
になったらいつもと違う演出で「センスいいね」を引き出しましょう。
今までは、参加する側だった会社のパーティーだったのに、いきなり主催側として会社のパーティーの幹事を頼まれてしまったらどうしますか?会場の手配から料理の手配、出席者への案内や出欠の確認などやらなければいけないことが沢山ありますよね。中でも、料理はパーティーの成否を分ける重要なポイントになってしまいますので、参加者に満足してもらうためにも美味しい料理を選びたいものです。そうは言っても、会社のパーティーの場合「予算内で」という条件がかなり厳しくついて来ます。プライベートな集まりであれば、多少の予算増もOKかもしれませんが、会社の行事となると多少の予算増が認められない場合もありますので、予算内で美味しい料理を用意することが出来るかどうかは、幹事の腕にかかっていると言えそうです。

c-txt-contact
c-txt-tel
c-txt-contact